“まず基礎的な事として脳や脊髄を神経管と呼びます。
神経管閉鎖障害は妊娠四週から五週頃に起こる胎児の先天異常です。
日本に於ける目安としてそれが起きるのは一万人のうち六名とされています。
発症の要因は様ですが葉酸を一定量とる事により発症リスクを抑えるとされています。
その為欧米では90年代から葉酸摂取を勧告し
アメリカでは1998年にパンやシリアルに葉酸添加する事を義務付けました。
その為障害の発症が減少しました。
ですが日本ではそのような対策をしておらず閉鎖障害は増加傾向に有ります。
ただし平成12年12月から厚生労働省は障害リスクを低減する為
妊娠可能な年齢の女性に葉酸摂取で適切な情報の推進を起こしています。
神経管閉鎖障害の特徴として
神経管の下部に閉鎖障害が起きた事により脊髄のカバーが不完全となり
神経組織が障害で下肢の運動や膀胱や直腸機能に障害が起きる事が有ります。
また無脳症と言うのも有り閉鎖障害によって脳が不完全となり一見では解りませんが
頭部がほとんど形成されず頭蓋骨が不完全なので目の部分が異様に出たり
又は無かったり口の形成が異常な赤子になってしまいます。
無脳症は胎児の状態で発見出来る事が可能なので
妊娠中に症状が診断された場合中絶に踏み込むケースが多い症状です。